意匠写真

 意匠写真はあくまでも図面の代用として許可されているに過ぎませんので、影や映り込みや歪みはできるだけ抑える必要があります。
 一般商業写真では「物撮り」というジャンルになりますが、図面代用であるため各写真で寸法的な整合が要求されます。
 従って作図経験のないカメラマンにはかなりハードルが高いにもかかわらず、単価が低く設定されているため意匠写真の専門家は少ないのが現状です
 意匠写真で大事なのは寸法の整合とパンフォーカス、必要に応じたテクスチャーの再現性ということになります。